3月27日 雇用関係助成金の一部がまもなく改正されます!

博多駅から徒歩5分の福岡助成金支援センター(はかた駅前社会保険労務士法人)です。

厚生労働省が取り扱う雇用関連の助成金については、毎年4月に制度の新設・改正が行われており、今年も4月に制度の詳細が公表されると考えられます。
政府より公表されたパブリックコメントの結果公示において、助成金の制度改正やコース新設予定が出されています。
(参考:「雇用保険法施行規則等の一部を改正する省令案について【概要】」)

今回両立支援等助成金やキャリアアップ助成金等の制度改正も予定されていますが、人材確保等支援助成金では「働き方改革支援コース」が新設される予定です。

まず人材確保等支援助成金についてですが、雇用管理改善等従業員の職場定着を高める取組を行った事業主に対し支給される助成金になります。
平成30年度現在は下記のコースが設けられています。
①雇用管理制度助成コース
②介護福祉機器助成コース
③介護・保育労働者雇用管理制度助成コース
④中小企業団体助成コース
⑤人事評価改善等助成コース
⑥設備改善等支援コース
一部制度整備の段階で助成金を受けられるコースもありますが、基本的には制度整備等コースに沿った取組を行い離職率低下等の目標を達成した場合に助成金を受けられるものです。

今回新設予定の働き方改革支援コースについては、「時間外労働等改善助成金(一部コースに限る)」の支給を受けた中小企業主が対象となり、雇用管理改善のための計画を立てた上で従業員の新規採用等の取組みを行った場合に助成金が支給されます。
支給額は雇い入れた労働者1名あたり60万円(短時間労働者の場合は40万円)です。
なお、時間外労働等改善助成金の中でも下記のコースの支給を受けた中小事業主に限られます。
①時間外労働上限設定コース
②勤務間インターバル導入コース
③職場意識改善コース
上記3コースの申請は今年度すでに締め切られているため、来年度から新たに申請受付が開始されると考えられます。
制度の概要については現在も公表されていますので、記事の下部に掲載しているリンクからご参照ください!

また助成金制度の改正・新設について詳しい情報が公表され次第、当サイト記事で更新させていただく予定です。
福岡助成金支援センター(はかた駅前社会保険労務士法人)では、助成金についてのご相談からお手続の代行まで承っております!小さなお悩みもお気軽にご相談ください。

●お問合せ●
福岡助成金支援センター(はかた駅前社会保険労務士法人)

●参考●
・厚生労働省「人材確保等支援助成金
・厚生労働省「労働時間等の設定の改善
・日本経済新聞「残業抑制へ新規雇用、中小企業に最大600万円助成」(2019年3月10日)

Top